症状(上半身)

睡眠の質が変わると心も安定する

友人の紹介をきっかけに当院に通われて

約3カ月が経とうとしているNさん。

 

当初は、体調が絶不調でいまここ

に来るまでがやっとの状態でした。

 

日中は、自宅にいると急に襲ってくる

不安感動悸による落ち着かない日々。

 

ひとりでいるのが怖くなり、

友人に助けを求める日々をここ数年繰り返す。

 

そんな状態のNさんでしたが、

だんだんと身体の施術を通して

心の安定にも繋がっているようです。

 

毎回、施術時には今の身体の状態や

変化点などを伝えてくれます。

 

そして、

今日は睡眠の変化を教えてもらいました。

 

今までは、軽い睡眠剤を数年間

ずっと飲んできているのですが、

なかなか安定しなかった様子。

 

就寝前の30分前に飲んでも

1時間以上寝付けないときも。

 

また、1度トイレで目を覚ますと

寝付くまでに時間がかかる。

 

平均睡眠時間が5時間程度。

 

そして、

起きた後のスッキリ感がない状態でした。

 

睡眠は、心の安定に大きく影響します。

睡眠剤によるホルモンバランスの調整は

どうしても自然体のものではないために

睡眠の質を高めることはできません。

 

朝起きても、なかなか自然体のスッキリ感が

なく、ボーっとした身体の状態が続く方も多いです。

 

また、睡眠剤の量が増えると、

身体のだるさに繋がったりするケースも。

 

Nさんの場合は、

医療機関からのお薬は変化させずに

身体を通してホルモンバランスを調整した

ことで睡眠の質に変化が現れたようです。

 

睡眠の質には、ホルモンバランスの中でも

メラトニンセロトニンという2つの

バランスがとても重要と言われています。

 

メラトニンは夜に働き。

セロトニンは昼に働く。

この2つのホルモンがうまく

切り替わることで質も向上します。

 

このホルモンを高める方法として

朝日を浴びたり、軽い運動だったり

ご自分で行えることも多々あります。

 

が、

身体がとても辛い場合は、

まずは施術による介入が効果的なのです。

 

健康の第一歩は、

睡眠とも言われています^^

 

身体の不調がある方も、

まずは睡眠の質を意識してみてください。

 

1枚1枚身体の悪いところが

剥がれていく感覚というNさん。

1歩ずつ、前進中です(^_-)-☆

 

ちなみに、午前は娘の授業参観日でした!

半年前より成長した姿を感じました^^

 

 

本日も、

ブログ訪問ありがとうございました。