ブログ

原因がわからないけど急な不安に胸を抑えて待つしかない

おはようございます^^

本日、体育の日もやってます!!

今なら午後の枠で受付できます。

 

半年前より身体の異変を感じ

始めた30代後半男性を紹介します。

 

男女でも30歳を境に身体の変化を

感じている方も多いですね。

(僕もそうです🤮)

 

疲れやすくなった。

疲れが抜けにくくなった。

二日酔いを感じやすくなった。w

なんとなく体調が冴えない。

 

20代の時は、寝れば翌日には

体調が回復していた気も、、、

 

などなど、個人差はありますが

とにかく20代とは違いますよね。

 

この男性も、今までには感じたことの

ない体調がここ半年前より続いていました。

 

それは、

不安感でした。

 

とくに、はっきりとした発症原因はなく

半年前から、急に不安が襲ってくる感じ。

 

初回の施術時にも、

あお向け寝をしていると

胸を抑える仕草が見られました。

 

お話を聞くと、

自宅でもこのような感じで突如

襲ってくる為、自己対処法は

 

治まるのを待つのみ。

 

といった感じしかできないと。

でも、やはり気になりますよね。

不安が不安を呼び寄せますよね。

 

身体の不調って、

急に症状として表面化してくる前に

潜在的な裏の部分で変わり始めている

ことが多いように感じます。

 

例えば、数ヵ月前に

背中の痛みがあったけど

しばらくして痛みが治まった。

 

から、気にしていなかった。

けど、身体そのものは痛みの

原因に対処していなかったので

潜在的な部分では残っている。

 

それが、数ヵ月先をへて

今度は変わった形の症状へと

変化していく。

 

こんな感じの流れがあったり

するので、問診での聞き取りは

施術介入への参考にしています。

 

そして、

実際に施術介入して男性を診ていくと、

 

背中の筋肉が硬い状態で。

しかも、右側のみ膨張している感じ。

 

このパターンの場合、

身体の捻じれがかなりの頻度であります。

 

そして、実際にも

背中が痛い時期があったけど

安静にしていると治った時があったと。

 

しかし、先ほどの話のように

身体の潜在的な部分では残っている。

 

背中の緊張と右側のみの膨張。

 

この潜在的に残っている部分が

今回の急に襲ってくる不安感

との関りがあったかもしれません。

 

施術を通して、潜在的な身体を

改善していくことで不安感が、

 

< この1週間は治まっています>

 

良かったです。

ありがとうございました。

 

そして、

 

昨日は、次女6歳の誕生日を

いとこ達をお招きして総勢20名の

大・大・誕生日会となりました🤣

 

 

プレゼントも頂き大満足な次女でした。

6歳なって数日ですが、おねぇちゃん風

になってきました🤗来年は1年生✨

 

 

本日も、ブログへの訪問

ありがとうございました。