ブログ

リウマチにもオステオパシーは良い結果をもたらしてくれてます

本日、営業開始に合わせて準備していると

ん??クーラーの電源が入らなーい。

慌てて、問い合わせするも。。。

 

明日以降に、

業者さんの点検が必要とのこと。

 

予約変更して頂いた

お客さん、ありがとうございました!!

 

心入れ替えて、出来ることをやろう。

とブログに向かっています。

 

今日は、リウマチについてお客さんの

体験談を交えてブログにしてみます。

 

リウマチについては、

ここでは詳しい解説は省略しますね。

検索するとすぐに色んな記事がアップ

されるので、ここでは僕が出来ることを

お客さんを通して感じたことを書きます。

 

いまここに、来院されている方でも

リウマチで診断を受けている方がいます。

 

その、お客さんに発症状況を尋ねると、

 

出産後から発熱と全身のダルさが戻らず

血液検査を繰り返してわかったという方。

 

親指の付け根の痛みと腫れがなかなか

引かず血液検査をすると炎症反応が高かった。

 

など、など、今は若年層にも多いようで

血液検査をすると診断がつきやすいです。

 

診断後は、症状や血液検査の数値を

もとに投薬治療が中心となります。

 

基本的には、ステロイド剤といって

強めのお薬で全身に広がっている

炎症反応を抑えるような治療をします。

 

炎症反応を抑えるためには、

お薬の量が増えるのが一般的です。

 

ステロイド剤でお薬の量が増えると

なれば、どうしても副作用がつきものです。

 

このリウマチは、炎症のコントロール

合わせて副作用のコントロールも大変重要です。

 

お話を聞く限りでは、

実生活では副作用のコントロール

ほうがきついという方々が多いです。

 

よく耳にすることは、

朝、起きた時から始まるダルさ感です。

すぐには、起き上がれず全身がこわばって

自分の思うままに行動出来ない辛さが

ある中での家庭での役割、子育てのことで

動けない自分を責めたりするなど精神的に

ダメージを受ける方々も多いようです。

 

実際には、そういう状況になって

みないと他人の辛さはわからないものですが、

 

ぼくは、こういう仕事をしているので

身体を触るとその辛さが伝わってきます。

 

そして、こうも思います。

身体に起こっている出来事には

必ず原因があると思っています。

 

リウマチの方々の多くは、

身体が無意識化での興奮状態

にあるように感じます。

 

興奮状態というと、

緊張状態やリラックスしにくい身体

という意味にしておきます。

 

この、リラックスしにくい身体という

ものは自分でも気づきにくいものですが

触る側(セラピスト)には伝わります。

 

それが首を触ると、

ある程度、わかっていきます。

 

実際にお客さんでも慢性的な肩こり感

かなり強く感じていると言いますね。

 

ですので、まずはこういった

身体の状態を変えていくことからやっています。

 

そこで、

ぼくが、オススメしているのは

頭蓋仙骨療法という技法です。

 

頭を中心に施術していくのですが

かなりリラックス効果が期待できます。

 

ほとんどの方が、気持ち良すぎて

眠ってしまっちゃいます。

これでオッケーです✌✨

リラックス^^

 

さらに、身体の状態が変化していくと

脊柱や肋骨という炎症反応と関わりが

深いであろう部分が出始めてきます。

 

すると、

ここからも身体はどんどん変化します。

 

なめらかで、

波打つような反応が出ます。

 

ぼくが、たまにちょこっと

揺らすのは、この反応を診ています^^

 

 

すると、身体の反応がよくなってくると

お客さんの日常にも変化が出始めます。

 

朝起きても身体がとても楽です。

こわばり感が減ってきている。

なんか数値が落ち着いてきた。

 

など、嬉しい報告を頂いています。

 

もし、リウマチで悩んでいる方や

上記の、手の痛みで悩んでいる方が

いましたら、教えてあげてください。

 

医療と身体を整えること

ダブルがいいですよ^^

 

早く、クーラー復旧してほしい。

と願いつつ、ブログへの訪問

ありがとうございました。